本文へ移動

日々のブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

各種補助金について

2020-05-07
こんにちは、服部です。
 
季節は早くも五月を迎えました。
コロナは当面収まる気配がありませんが、長い闘いをともに頑張っていきたいと考えております。
 
さて、そんな厳しい闘いを切り抜けるための一つの手段として、国が運営する様々な補助金が存在しています。
 
実は、自身の行っているお仕事の特性上、今後発生する補助金の活用先の事業に対してサプライヤー側になるケースが多く考えられます。
具体的な事を申しますと、販売促進費(印刷物制作費、PR映像制作費、広告掲載費 等)が自分の提供する事業に該当します。
 
このことを踏まえて、いつご相談があっても良いように勉強をしなくてはいけないと日々思っているところです。
今回、その補助金について説明をさせていただきたいと思います。
 
補助金申請において、まず初めに補助金申請の一般的な流れを知っておく必要があります。
 
■大まかに見た給付金の一連の流れ
【補助金を利用する側を『事業者』とし、補助金事務局を『事務局』と表記しています】
 
ステップ1『知る』
事業者 : 申請したい補助金を選んで決定する
事務局 : なし
 
ステップ2『申請する』
事業者 : 応募要項・申請書のダウンロード、応募申請書の記入
【応募申請書】
事務局 : 申請書の受け取り
 
ステップ3『決定する』
事務局 : 申請書を基に審査委員会で審査 ⇒ 交付を受ける事業を選定する
【選定結果通知書】【補助金交付規定】【交付申請書】
事業者 : 選定結果通知を受け取り
【交付申請書(記載提出)】【経費相見積り】
事業者 : 交付申請書、経費相見積りを提出
事務局 : 審査の結果、事業の内容が合格ならば補助決定
 
ステップ4『事業の実施』(※ここからが補助対象となるので注意)
事業者 : 申請した事業の内容に沿って、実際に事業を行う
(事業内容に変更がある場合、『計画変更申請』を行い、【中間審査】を実施する)
 
ステップ5『補助金の交付』
事業者 : 実績報告書・経費エビデンス(証跡)作成
【実績報告書】【経費エビデンス】
事務局 : 実施状況を書類・ヒアリングなどで検査
事務局 : 補助金額確定
【補助金確定通知書】【請求書(様式あり)】
事業者 : 補助金額確定通知を受け取り・請求書発行
【請求書(様式あり)】
事務局 : 請求書を基に、補助金を交付
事業者 : 補助金を受け取り
 
 
ここで重要な点は、次の点に要約できます。
・事業の有用性や発展性を事前に見られる
・採択されるためには相見積もりが必要
・採択された事業期間内の経費のみ補助される
・計画の途中で経費計画にある程度の以上の変更があった場合、都度『変更申請』が必要
・事業の経費は、事業者が一度全て支払わなくてはならない
・事業期間が長い補助金の場合、事業者の経済的な負担が発生する
 
これらの事を踏まえると、一概に『何でもあり』というわけではないということが分かります。
ただし、今後において、こういった事業を行う事が決定しているのであれば、事業計画を立て、その計画通りに予定を進めることが出来れば、非常に有効な手段と考えています。
 
現在、補助金として比較的使いやすいものを紹介させていただき、記事を終わらせていただきます。
 
 
【業態転換支援(新型コロナウイルス感染症緊急対策)】
新たなサービスとして「テイクアウト」「宅配」「移動販売」を始める方への支援策
助成限度額 : 100万円
助成率 : 助成対象経費の5分の4以内
受付期間 : 【第1回】令和2年4月23日(木曜日)~令和2年5月18日(月曜日)【消印有効】
※以降、順次受付を行い、最終受付は令和2年11月25日(水曜日)を予定
 
【小規模事業者持続化補助金<一般形>】
助成限度額 : 50万円
助成率 : 助成対象経費の3分の2以内
受付期間 : 【第2回】令和2年6月5日(金曜日)【消印有効】
※以降、順次受付を行い、最終受付は令和3年2月5日(金曜日)を予定

A2図面のコピー

2020-04-28
A2サイズスキャニング・コピー
おはようございます、服部です。
先日、A2サイズの『青焼図面』のコピー作業を行いました。
青焼図面は縮尺率などの正確性にはすぐれているものの、印刷から時間が経過している場合、どうしても印刷が薄れてしまって読みにくくなってします事があります。
 
今回のご依頼は青焼図面を普通紙にコピーしてほしいというものでした。
 
今回の場合、紙原稿(青焼図面)⇒ 普通紙の紙から紙へのコピーとなりますので、原図を一度スキャナーで読み取り、そのデータをプリントアウトする形でコピーといたしました。
 
青焼印刷物専用の設定で原図を読み取り、可能な限り情報を読み取りやすい形で仕上げてあります。

今現在の主観

2020-04-24
おはようございます、服部です。
昨今、新型コロナウィルスの影響下、日本全体が重大な状況となっております。
感染拡大の不安におびえる中、経済は大きな打撃を受け、私ども企業もかなりの影響を受けてしまっています。
 
しかしながら、この危機的状況は必ず明ける時が来るはずですし、いつまでも景気が悪化した状況ではないと考えております。
 
そしてその危機の中、現在は行動自粛が最善とされておりますが、時期が来ればいくら危機とはいっても何かをしなくてはいけないと考えています。
 
しかしながら、闇雲に『何か』をしても決して良い結果を生むとは考えにくいと思います。
 
何か行動する前に、その行動について『理念』をもって事に当たる必要があるのではないでしょうか。
とてもシンプルな考えではございますが、実際の行動を起こす前に行動の理念を挙げるとするならば、
 
最も重要なことは、『会社が生き残る』ということです。
 
これを行うため今までの習慣や考え方は全て捨て去る気持ちで仕事にあたっています。
唯一変えない事があるとしたら、『印刷屋』ということでしょうか。
それについても、単なる印刷屋ではなく『デザインと企画をセットで考える印刷屋』として考え方を変えてきました。
 
危機があるから変わるというのはよくあることです。
それならば、『自分自身がいつも危機』であればよい。
そう思うようになりました。
 
今回のコロナショックの出口がぼんやりと見えてきた時、
最も早くその兆しが出る業種の一種が私どもの広告関連の仕事と考えています。
終息したその時には全力疾走をしていたいと考えるお客様の助けになれる存在で在りたい、と切に考える今日この頃です。
 

デザインの再勉強

2020-04-14
ノンデザイナーズ・デザインブック
こんにちは、服部です。
最近ではお陰様で各種デザインのご依頼が多くいただけるようになり、お客様のご愛顧に感謝しているところでございます。
 
そんな中、近ごろでは自分自身の既存の知識や技術では不足するところも感じる今日この頃です。
 
そこで、これを機にデザインについて基本から再度学びなおしてみたいと考えるようになりました。
 
様々なデザインをご依頼していただけるお客様のご要望にお応えするため、文字のレイアウトの基本や色の使い方、ロゴの製作に至るまで、技術と知識を押さえようと考えております。
 
まだまだデザインのお仕事をしながら勉強を続けている状況ではございますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

荻窪整体院様 各種ポイントカード/診察券のデザイン製作・印刷

2020-04-13
こんにちは、服部です。
本日は『荻窪整体院様』よりご相談いただいた診察券とポイントカードのデザイン製作/印刷を行いました。
 
まず、診察券ですが、お客様のご要望である『青空』のイメージ製作です。
あくまでデザインですので、青空の写真を配置するのではなく、塗りのエフェクトなどで青空を表現します。
 
水色と白のグラデーション、日光の光の反射エフェクト、各種ぼかしを使用した雲の表現を使って『天気の良い青空』を作ります。
 
ポイントカードについては、『ゴールドカード』『プラチナカード』『ブラックカード』というように、クレジットカードのような色別で3色のランクをご希望でしたので、それぞれをデザイン描画していきます。
その中でも、『ブラックカード』について、ブラックでありながら、金属のような表現、さらに最高ランクにふさわしいものにする表現に努めてみました。
 
それぞれ色で3色、整体コースで4種類の合計12通りのデザインを作成し、今回の作業は完了です。
 
これらの印刷物がお客様にとって活躍してくれることを祈って、納品を待ちます。
ポイントカードデザイン
ポイントカード印刷

▼お問い合わせお待ちしております。

こちらから作業予約ができます
042-519-4331
※FACEBOOK予約ページへリンクします。
ご予約が出来ない場合はお電話でご連絡ください。
作業ご予約はこちら
有限会社テーエス企画
〒196-0013
東京都昭島市大神町3-8-1
TEL.042-519-4331
FAX.042-519-4332
■印刷に係るすべての業務
 
TOPへ戻る